文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大
文字サイズ
問い合わせ先
病名からさがす 成人の方の治療 お子様の治療

近視矯正について オルソケラトロジー 屈折矯正手術(ICL)


大宮はまだ眼科
〒331-0052
埼玉県さいたま市西区三橋6-607-1
TEL:048-620-7777
FAX:048-620-7744


当院の特徴

一般眼科の中でも『白内障』につきましては、院長がもっとも精力的に日々取り組んでおります。
当院では、一般的な眼鏡をはじめ、通常の各種コンタクトレンズやオルソケラトロジ-にも対応し、さらにICLという最新の屈折矯正手術など様々な対処方法があります。患者様のご希望や適応を考えアドバイスさせていただきます。
また近視が始まってしまってはいるものの、まだ眼鏡装用には至らない小学生のお子さんには調節麻痺剤などの点眼薬による治療や、ワックという調節訓練などの装置を併用した経過観察も行っております。
『白内障手術』につきましては、患者様への負担も軽減される『日帰り白内障手術』を十分な経験と実績のある院長が高度な医療設備のもとで行っています。手術室の隣には見学室を設けておりますので、実際に手術の際には、ご家族に見守られ、患者様もご安心して手術を受けていただけます。

 

img_about01

 

医療・検査機

緑内障、加齢性黄斑変性症、網膜剥離、糖尿病網膜症など眼科の疾患の中には、患者様の自覚症状(視力低下)が初期の段階では全く無い病気も多く存在します。そういうタイプの病気は、自覚症状が出たときには既にかなり進行してしまっている状態のため、治療不可能な場合も多く見受けられます。
当院では最新の検査機器、医療機器によりそういった疾患の初期の状態をいち早く発見し、患者様とご一緒に治療をしていきたいと考えております。

 

実証にもとづくインフォームドコンセント

眼科では他の科には無い特徴として、多くの場合に医師が実際に顕微鏡などで病気そのものを眼で確認できるといった事があります。最新の高性能画像ファイリングシステムを駆使する事により、患者様に対して現状、治療方針についてのわかりやすいご説明を心がけております。

 

セカンドオピニオンの提供

眼科診療所としては最新の設備を備え、また今後も日々進歩していきたいと考えております。しかしながら、診療所としてはやはり限界があり、他の専門の医療機関での治療が最善な場合も多々ございます。その場合は、これまでの大学病院での経験、人脈により、その病気に対する最良の医療機関へご紹介が可能です。また、逆に他の医療機関での診断、治療に関するセカンドオピニオンとしての当院としての診断、ご相談などもお受けしております。

 

img_about02

 

販売について

花粉が目に入りにくくするための花粉ガードの眼鏡(花粉症対策アイテム)や老化や黄斑疾患に対してのサプリメントなども取り扱っております。

 

btnContactLenses

 

ページトップへ戻る