​コンタクトレンズについて

当院では三橋コンタク堂を併設しております。

​コンタクトレンズの処方や販売、ご相談などお気軽にお申し出ください。

omiyaさざなみ1.png
大宮はまだ眼科graphics.png

眼鏡と違いコンタクトレンズは、度数だけでは決められなく、一人一人がそのコンタクトレンズを装用した状態を専門医がチェックすることが必要です。また、当然のことながら眼に直接触れる医療用具であるため、適、不適があり誰でもどのタイプのコンタクトレンズが使用できるわけではありません。そのため、眼科医が常駐している施設で眼科医のチェックを受けて処方することとなっています。

(医師が診察しなかったり、写真などによる診察は認められていません)
眼の健康のためにも、眼科医の指示を守って

正しい取り扱いに心がけましょう。

​コンタクトレンズについて

コンタクトレンズとは角膜(黒目)に直接レンズをのせて視力を矯正する医療用具です。
そのため、眼科医の検査・処方を受けて使用すること、またその後の定期検査が重要と考えます。

三橋コンタク堂

img_mihashi02.png

コ ン タ ク ト レ ン ズ

お取り寄せはこちらから

お名前・診察券No.購入箱数をこちらからお知らせください​納期をご連絡いたします。 注)お取置き1ヶ月まで

大宮はまだ眼科graphics.png

​コンタクトレンズの基礎知識

コンタクトレンズとは角膜(黒目)に直接レンズをのせて視力を矯正する医療用具です。
そのため、眼科医の検査・処方を受けて使用すること、またその後の定期検査が重要と考えます。

​寿 命

コンタクトレンズにも寿命があります。 使っているうちに細かい傷がついたり、とれない汚れが蓄積していくためです。目安としてハードレンズで約2~3年、ソフトレンズで約1~2年です。自己判断で、特に問題ないから大丈夫と思い長期間使用すると、ある日いきなり眼球を傷つけてしまい、大きな障害となってしまうことも多く認められます。ただし、使用中の取り扱いによってもその耐用期間に個人差はあります。必ず定期検査を受け、眼科医の指示に従いましょう。

​ハードとソフトの違い

コンタクトレンズは目に直接取り付けるもののため、それぞれのコンタクトレンズに適正があります。その方の目の状態や、使用目的などさまざまな要因を考えてその人にあったコンタクトレンズの選択が重要です。

このクーポンをクリックするとプリントアウト用がダウンロードできます。

三橋コンタク堂(医療法人 大宮はまだ眼科)受付へお持ちください。

​※ スマホをご利用の場合は、画面でクーポンをお見せ頂くだけでもご利用できます。

クーポン.png