​近 視 矯 正

​オルソケラトロジー

omiyaさざなみ1.png
大宮はまだ眼科graphics.png

一般的な眼鏡をはじめ、通常の各種コンタクトレンズやオルソケラトロジーにも対応し、

さらにICLという最新の屈折矯正手術など様々な対処方法があります。

患者様のご希望や適応を考えアドバイスさせていただきます。

通常のコンタクトレンズは装用してる間視力を矯正します。

しかしオルソケラトロジーで使用するコンタクトレンズ(ハードコンタクトレンズ)は、眠っている間に装用し角膜自体を矯正する特殊なレンズです。

特に近視矯正手術の適応前である年齢の若い近視の方は、角膜が柔らかいといわれているのでこの方法の良い適応となることを多く見受けます。
ただし実際にその方に適応があるかどうかは単純に裸眼視力が0.1や0.3などというだけは判断できません。

  • 屈折度数の強さや角膜乱視の形状や、程度、さらにコンタクトが可能かどうかの眼球の状態や、涙の量などさまざまな要素により適応を判断させていただきます。

  •  ご興味のある方はまずご来院いただき、各種検査を行い適応を判定いたします。

  • 視機能の正常な発達をさまたげる可能性を避けるため、当院では適応は小学校4年生以上としています。

  • 適応のある方には1週間のモニター期間も設けてありますので、視力向上の実感をご体験いただけます。

img_myopia01.png
スクリーンショット 2021-11-21 21.57.33.png