​病名・症状

白内障(はくないしょう)

​ 病 状

  • かすみ感や、まぶしさ(初期症状)

  • 進行に伴い眼鏡を装用しても物が二重三重にみえたり、視力低下

白内障がご心配となったら、信頼できる眼科医で定期的に受診しましょう。白内障による視力障害のため、あなたの生活や仕事に差し仕えがでてきたら、手術を考えましょう。

 

白内障とは

白内障とは眼の中にある水晶体が濁ってくる病気のことです。
水晶体とは、カメラの中にあるレンズに相当します。そのレンズが濁ることによりさまざまな症状が感じられます。

白内障図.png

白内障になる原因としては最も多いのが加齢によるものです。個人差はあるものの加齢による濁りは誰でも起こります。
その他の原因としては、外傷(昔、眼をぶつけたことがある、眼にけがをしたことがある等)、先天性(風疹など)、放射線(頭部に放射線による治療を受けたことがある等)、ある種の薬物(ステロイドホルモン剤等)の使用、糖尿病、アトピー、眼の炎症(ぶどう膜炎等)の既往など、とさまざまなものがあり、加齢による白内障の進行を早めたりします。

水晶体.png